〒277-0922
千葉県柏市大島田305-5-2F

沼南耳鼻咽喉科アレルギー科医院 耳鼻咽喉科 アレルギー科 大島田 柏市 千葉県 病院 医院

QRコード

こちらのバーコードを対応している携帯で読み取ると、携帯版のホームページも接続できます。

トップページ»  ご意見箱

患者さんからの御意見

患者さんより頂いたご意見、ご批判等

インフルエンザ薬の早めの処方、並びに吸入指導について

問題点
(患者さんからのいただいた原文のままです)
今年も子供達がインフルエンザを発症し苦しい日々を過ごして売るわけですが、投薬に関する情報を他の医療機関で受診したママさんから聞きました。
それは、『陽性が出たらすぐその場でイナビルを吸引した!』との事。
イナビルにかなりの効果が期待でき且つ一刻も早く吸引すべきであるなら下の薬局で一時間も待たされるのはどうかと思うのであります。
実際一時間程度で劇的な効果のほどは期待していませんが(正直なところ)、横で苦しむ子供を黙って見ているだけなのが辛いんですね。
特にこの時期は、インフルエンザの患者が大勢押し寄せてくるわけですからこのような重症患者には、待たせることなくその場で吸引してもらうような体制づくりが重要ではないかと思います。
また、投薬に詳しくない人には、その場で指導してもらいながら行えば確実に服用できるというメリットもあるのではないでしょうか。

 

対策
ご意見本当にありがとうございました。早速下の薬局長と話し合いました。
1) 重傷者exインフル等の患者さんの処方を優先
2) 可能な限り薬剤師さんの眼の前で吸入指導を行う
事にさせていただきました。
今後臨機応変に対処させて頂きます。

携帯を持っていない患者さん、利用できない患者さん

問題点
お年をめした患者さんが携帯で予約した患者さんに先に診察室にを呼ばれ疑問を覚えたようです。携帯での順番予約システムの事情を職員が説明したところわかって頂いた様子でした。しかし薬局にて「結局携帯の使えない老人は待ってくださいっていうことかしら」、という意見があったようです。

対策
すべての方には対応できかねますが、こちらから連絡するor(以前患者さんにポケベルをかしていたように)携帯を貸してみる等方法は考えてみました。患者さんのニーズの高まりを把握し今後臨機応変に対処いたします。

順番予約システムに関して

患者さんより
 ・時間指定の希望
 ・電話にて順番取りを行いたい
旨の意見を賜りました。

解答
時間予約の件はいずれそういう方向も検討しているのですが、季節、曜日、更にはお天気で外来の込み具合が読めません。また先輩の経験によると結局予約時間の30分以内に始まれば御の字でひどいときはプラス2時間のこともありあまり機能していないようです。したがって現状では順番のみとさせて頂いております。次に電話の件ですが、どうしようもない状況(具体的のどういう状況か個別に検討しますが)においてはお電話を頂きこちらで順番おとりしますが、電話では一時的に混線し回線がストップすることもあり携帯等であらばその普及も考慮すると問題ないかと判断しました。しかし全て現状の方法が100点なわけではありませんので、皆様のご意見の多さにあわせ(に-ずが高まれば)対応検討していきたいと考えております。

 

トラブルetc(汗)

保険証返し忘れのトラブル

ある患者さんに保険証をお返しする際重なっており間違って次の患者さんの保険証もあわせて渡してしまいました。

対策
こちらが確認せず大切な保険証を別の方に渡してしまった初歩的ミスです。弁解の余地ありません。保険証の重み、大切さを再認識する所存です。(例えば患者さんが持参されない時自費で会計することもあるわけですから…)ただただ反省
 なお今回は間違って渡してしまった患者さんにすばやく連絡とり柏駅方面まで追いかけて受け取りに参りました。すぐに本来の患者さんに保険証をお返しする事ができました。ご心配ご迷惑をおかけしました。

処方ミス

内服薬に軟膏を加えて処方する予定が軟膏が抜けておりました。患者さんの側から連絡あり薬局に連絡し追加させて頂きました。

対策
。。。。というか。とにかくこちらが気おつけるのみです。薬の量や内容の間違いであらば事態は深刻でした。ひたすら慎重にやるのみです。つまり患者さんの立場になりという姿勢が大切かな。。。当たり前ですがまだ忘れがちです。。。 ひたすら反省です。

初診においてのトラブル

初めての患者さんでネームボードに名前を頂きそのままお待ちされていたようでした。(保険証預かり、問診票記入、カルテ作成等が抜けてしまいました)。しばらくたった後患者さんから『あとどれくらい待ちますか?』という質問がありその時点で手続きの忘れに気がつき謝罪しカルテ作成しましたがご立腹され帰られてしまいました。

対策
弁解のしようがございません。職員もいっぱいいっぱいです。全ての責任は院長である私にあります。この方の怒りをむだにすることなく糧として次にいかして参ります。(全く対策になっておりませんがただただ頑張るのみです)